HOME>ホビスタ特集>2017日本ホビーショー開催まであと少し! 来場者に聞く“ホビーショーの歩き方”

Special 特集

特集

2017日本ホビーショー開催まであと少し! 来場者に聞く“ホビーショーの歩き方”

世界最大級のハンドメイドの祭典、「日本ホビーショー」。ハンドメイド好きの間では有名なイベントですが、「どんなイベントなのだろう?」と気になる人も多いのでは? 今回は、過去に日本ホビーショーに来場した経験のある方々4名に「2017日本ホビーショー」の楽しみ方をうかいがいました。

お話しを聞いた方々

E・Yさん
40歳代女性。ホビーショーは2017年が2度目の来場。好きなハンドメイドは編み物全般、タティング、手織り、陶芸

T・Nさん
30歳代女性。ホビーショーは過去4回来場。編み物、ソーイング、アクセサリーが好き

K・Oさん
30歳代女性。過去、5回のホビーショーに来場。洋裁、カルトナージュ、プラバンアクセ、飛び出すカードなどを手がけている

M・Yさん
20歳代女性。2017年でホビーショーへの来場は3度目。アクセサリーづくりを嗜むほか、クラフトやファッション関係のハンドメイドにも興味あり

何度も足を運びたくなる日本ホビーショーの魅力


毎年、来場者数・出展数ともに右肩上がりの日本ホビーショー。初めて来場した理由は「チケットが当選した」「SNSで知った」など、人によってさまざまですが、何度も足を運びたくなる魅力はどこにあるのでしょうか。

来場者からは、

「ハンドメイドのベテランから初心者まで、幅広い年齢の人々と交流ができる」
(E・Yさん)
「いま流行しているハンドメイドを肌で感じることができる」
(K・Oさん)
「来場をきっかけに、新しいジャンルのハンドメイドを知り趣味の幅が広がる」
(M・Yさん)

といった意見が聞かれました。世界最大級のハンドメイドのイベントだからこそ、「ハンドメイドのいま」が知れ、ご自身の趣味や交友関係の幅も広がるのでしょう。ワークショップも数多く開催されているので、この機会を利用して興味があったハンドメイドにチャレンジする人も多いようです。

印象的だったこれまでの日本ホビーショー

日本ホビーショーでは毎年、工夫をこらしたさまざまな出展があります。印象的だった出展内容を来場者にうかがいました。

篠原ともえさんのファッションショー(2016年)

ハンドメイド好きとして知られる篠原ともえさんは2016年に日本ホビーショー内でファッションショーを開催。「学生とのコラボが素敵でした」(40歳代・女性)と、華やかな内容で多くの観客を魅了。篠原ともえさんは2017日本ホビーショーにもスペシャルゲストとして参加。トークショーや作品展示、ライブなどが予定されています。(篠原ともえさんのステージ情報はこちら

ワークショップ・展示

ワークショップや展示は人気コンテンツ。ホビーショーのワークショップや展示をきっかけに新しいジャンルに興味を持った方も多いようです。(ワークショップの情報はこちら

「ネイルアートの体験コーナーでセルフネイルのコツを教えてもらえ、日々のネイルがますます楽しくなりました」
(M・Yさん)
「会場で知ったブランドのお店は、街中で店舗を見かけると必ず立ち寄るようになりました!」
(T・Nさん)
「ワークショップで作ったものを身に着けたり使ったりしていると、ハンドメイド好きの方が気づいてくれるので、ハンドメイド好き同士の輪が広がります」
(M・Yさん)
「ホビーショーでレジンのブースを訪れ、レジンにハマるようになりました!」
(K・Oさん)

中には、「ホビーショーで新しいハンドメイドのジャンルを知り、大げさかもしれませんが人生が変わりました!」という人も。そんな楽しみがあるからこそ、ホビーショーは何度でも訪れたくなるんですね。

次のページでは、日本ホビーショーを訪れるときに知っていると役立つ豆知識をご紹介します。

Archive

その他の特集記事