HOME>ホビスタライフ>針・糸いらず!小さな布を合わせてオーナメントボールを作ろう

Hobista Life ホビスタライフ

ホビスタライフ

2017.12.8

針・糸いらず!小さな布を合わせてオーナメントボールを作ろう

皆様、初めまして。布とハンドメイドが大好きな、ばくちゃんです。
どうぞよろしくお願いいたします。

私が普段、ハンドメイドしているものは「バッグ」です。
気に入った布を使ったバッグづくりはとても楽しいのですが、その際に出たハギレも自分好みの模様なので、なかなか処分することができません。
そんな折、クリスマスにぴったりな、ハギレを使って作る「オーナメントボール」の作り方を教わったので、ご紹介いたします。

用意する材料はこちら(ひとつのボールに4種類の布を使うパターン)
・好きな布(8cm角以上) 4枚
・発泡スチロールのボール(直径5 cm) 手芸店などで、4個100円程度で購入できます。
・好きな色のリボン(6mm幅) 20 cmにカットしたもの3本
・虫ピン 2本。手芸店のほか、ホームセンターや文具店などでも購入できます。
・両面テープ(5mm幅) ※布用両面テープがおすすめです。

【作り方】
(1)発泡スチロールのボールに、ぐるりと2本の線を引きます。線は、画像のように前後2か所で垂直に交わるようにします。

(2)引いた線に沿って、カッターで切り込みを入れます。

(3)布をカットします。紙で型紙を作ってから、それに合わせるとカットがしやすいです。
型紙は、発泡スチロールボールの4つに分かれた1つの面をトレーシングペーパーなどに写し、外側に5ミリほどの折り込み分を付けて切り抜けば作ることができます。
画像の型紙は、直径5cmのボール用のサイズに合わせてオリジナルで作成しました。1つの面の大きさプラス折り込み分を5mmほど取っています。布を引っ張りながら折り込むのに、折り込み部分が左右非対称のほうがやりやすかったので、この形になりました。


(4)(2)でボールに入れた切り込みに、(3)でカットした布をカッターの背の部分を使って押し込んでいきます。生地がしわにならないように気を付けて。
切り込みに押し込んだあとの余分な布は、はさみでざっくりとカットします。


(5)ボールのラインに沿って、はみ出した布をカットします。画像はカットし終わったところです。

(6)4つの面すべてに布を押し込みます。


(7)押し込み終わったら、切り込みの部分を隠すように上から両面テープを貼ります。このとき、両面テープ同士を重ねないようにしてください。テープを重ねるとあとで剝離紙が剥がせなくなってしまいます。

(8)両面テープの剝離紙を剥がし、20 cmにカットしたリボンを貼り付けます。切り込みが隠れるように貼るのがポイントです。

(9)リボンがクロスする部分に、虫ピンを刺して固定します。画像のように虫ピンを刺して、ぎゅっと奥まで押し込みます。そのまま押すと指が痛くなるので、指ぬきなどの硬いもので押したほうがよいです。

(10)最後に、もう1本のリボンで円を作り、(9)の虫ピンの反対側に固定すれば完成です(ぶら下げる部分になります)。

完成形はこちら。

クリスマスツリーに飾るのはもちろん、ドアノブなどにまとめてぶら下げても可愛い飾りになりますよ。

型紙づくりを含めると、最初の1個は作業時間が少しかかってしまいますが、2個目からはお気に入りの生地とリボンをあらかじめカットして準備しておけば、1個あたり30分弱で作れます。
余り布がたくさんある方は、ぜひオーナメントボール作りに挑戦してみてください!

Recommend

オススメの記事