HOME>ホビスタライフ>念願のクッション作り

Hobista Life ホビスタライフ

ホビスタライフ

2017.6.2

念願のクッション作り

男の子を子育て中のイラストレーターです。

家にあるクッションのカバーは、取り替え可能なものなのですが、以前はずみで買った、柄も手触りも不本意なカバーをなかなか変えられずにいました。
少し前にネットで「これだ!」という布に出会い、レシピを調べ、サイズ通りのファスナーも購入!あとは作るだけ…だったのに何ヶ月も寝かせたままに。ホビスタライフを機に、ようやく重い腰をあげ制作開始です!

心を弾ませながら、布合わせを娘とあれこれ
布はお気に入りのパターン布と、それに合わせて購入した無地のカラー布が何色か。何種類かの柄を切り替えて使うか?シンプルに表と裏にするか…床に置いてあれこれ検討。無地の布は緑やオレンジ、茶色と独特の色味で、どれもパターン布とよく合い、どの組み合わせにするか迷ってしまいます。

悩む母に、娘が「これとこれが一番いいよ!」とスパッと断言。黒とオレンジを裏に使ったシンプルなデザインに決定しました。

ずっと置かれるものだから、いつもよりちょっと丁寧に…
これまでファスナー付けはあまり綺麗にできたことがなく、ずっと苦手意識がありました。リビングでいつも人目に晒される物ですから、縫い目がグニャグニャはなんとか避けたいところ。いつも適当にやるからダメなんだ、今回はしっかり下調べを!とネットで検索を開始。いくつかのレシピを見比べ、すこし手間が増えても「しつけ」をしたら綺麗にできるかもしれないということで、ゆっくり、丁寧、慎重をモットーに進めていきます。

そして、出来上がりました!
自分自身、及第点のファスナー部分かな?と思っていますが、いかがでしょうか?ファスナー付けも慣れれば簡単で、2つめは30分くらいで縫い上がりました。パターンも無地も同じブランドのものなので、色合わせは申し分ありません。手触りも良くて、子どもたちも奪い合う人気のクッションになりました。あともう幾つか欲しいくらいですね。
ヌードクッション、買いにいかなくちゃ!

by

 

Recommend

オススメの記事