HOME>ホビスタライフ>タティングレースのストールクリップ

Hobista Life ホビスタライフ

ホビスタライフ

2017.10.11

タティングレースのストールクリップ

いろいろなジャンルのハンドメイドに挑戦している、Me-nekoです。

日ごとに肌寒くなるこれからの季節は、ストールを羽織る人も多いのではないでしょうか。
私もこの時期にはストールが欠かせません。でも、ストールが肩からずれ落ちてくるのが気になります。ストールピンを使えば、ずれないようしっかり留めておけるのですが、生地に大きな穴が開いてしまうことがあります。
いつもそれが気になっていたので、クリップのついた帽子留め(ハットクリップ)を使って、穴を開けずに留められるストールクリップを作ってみようと思いつきました。

せっかくなら品よくオシャレにしたいと思い、クリップをつなぐリボン部分を「タティングレース」で飾ることに。
タティングとは、「シャトル」と呼ばれる舟形の小さな糸巻きに細糸を巻き、それを結んでモチーフを作るレース編みの技法です。今回使用したシャトルは、クロバーさんの「タティングシャトルL」。端にツンと尖った角(ツノ)付きの、編み糸を引き出してつなぐ時に便利なタイプを購入しました。

私はタティングレース作りの初心者なので、小さなモチーフを作るだけでも最初は大変でした。細い糸の方がタティングレースの繊細さを表現できますが、初心者の方は太めのレース糸で挑戦することをお勧めします。

少し慣れたところで、途中にビーズを入れてレースモチーフが完成!
クリップの中央部分にリボンを短く切って縫い合わせ、そこにできあがったタティングレースのモチーフを縫い付けました。モチーフをお花に見立て、中心にパールビーズを2つ付けて可愛らしい印象に。

集中すれば半日程度でもできると思いますが、私は家事の合間に少しずつ編み進め、モチーフに2日、クリップの取り付けに1日程かかりました。

これでもう、大事なストールに穴を開けずに済みます。
皆さんも、お気に入りのハンドメイド素材を使ってストールクリップを作ってみてくださいね。

Recommend

オススメの記事