HOME>ホビスタライフ>お掃除らくらく 汚してもいいテーブル

Hobista Life ホビスタライフ

ホビスタライフ

2017.6.4

お掃除らくらく 汚してもいいテーブル

汚してもいいよと言える、おおらかなママを応援するハンドメイドマンマです。

私は子どもがお絵かきや粘土をやりたがると、何かと理由をつけてやらせないようにしていました。道具はあります。本当は思いっきりやらせたいのですが、床やテーブルが汚れると面倒だな…と考えてしまうのです。同じように考えてしまうママも多いのではないでしょうか?
そこで私は子ども専用のテーブルを牛乳パックで作ることにしました。

牛乳パックは天板に12本、足に4本使用。
汚れても簡単に掃除できるように、天板にテーブルクロスの布を貼りました。
子どもが喜んで使う姿を想いながら何かを作るのは、楽しいものです。

「お絵かきと粘土はここでやってね」と娘に伝えると、早速「粘土やりたい!」と嬉しそうな笑顔。汚していいテーブルがあることで、お絵かきや粘土をさせる事へのハードルが下がったような気がしました。
使用後はこびりついた粘土が簡単に取れて、掃除が楽ちんに。

子どもにちょうどいいサイズなので、おままごとやおやつを食べる時にも愛用しています。

Recommend

オススメの記事